たとえば、三鷹駅を起点にして突然どうにもならない二郎系の禁断症状に襲われた場合。

もし、その場所が南口寄りだとすれば「ラーメン大」、北口寄りだったとしたら「三鷹食堂 いなり」という選択肢があります。

ですが、ここにきて新しい選択肢が!

それは三鷹駅直結のアトレヴィ三鷹の中(改札外)にある「つけめんTETSU」。

そう、つけめん業界ではトップクラスの知名度を誇るお店。

そんな「つけめんTETSU」が今月11月限定メニューとして二郎系のラーメンをリリースしています!

その名は「豚煮干し」!!

豚骨と煮干と極太麺と豚肉の1カ月限りの奇跡のコラボレーション。

「つけめんTETSU」と言えば、それはもう言わずもがな”つけめん”が看板メニューなんですけど、実は以前から二郎系やったら相当いい感じの仕上がりを実現できるんじゃん?みたいな雰囲気は漂わせてました。

というのも、ここのお店の”まぜそば”って完全に二郎系を意識してるんですよ。

ほらね。

で、この”まぜそば”が結構なクオリティだったりして。

というわけで、皆さま大変お待たせしました。

遂に満を持して「つけめんTETSU」による二郎インスパイアの登場です!!

それが↓これ。

豚煮干し 900円。

軽く味付けされた背脂がデフォルトで存在感をアピールしてるのは個人的に大歓迎なんですけど、気になるのその背脂の下にいる野菜の部分。

無料でヤサイマシできるんですけど、増したら野菜400gらしいんですけど、なんとなくイヤな予感がしたので実際にヤサイマシしてみたんですけど、そのインパクトは皆無です…。

え? なんか普通じゃん…。

ていうか、お前ら一回「ラーメン大」のヤサイマシ見てこい! とか言いたくもなりましたけど、それなりに一般常識を兼ね備えてる大人なので言いません。

いや、むしろそこまでのヤサイマシは求めてないので、実際はこのくらいがちょうどよかったりもするんですけどね。

ただ、野菜はもやしだけじゃなくて、キャベツもそれなりに入ってて普通に嬉しかったりします。

まぁ、それはそれとして。

重要なのは味ですからね。

極太麺は二郎系にありがちなモサモサ感じゃなくてモッチリ感の方が強い印象。

なんかもう、ウドンと紙一重みたいな。

いや、これはこれでガッツリ感あって嫌いじゃないです。

豚骨ベースのスープは濃厚でありながらクドさとかはなく、むしろアッサリな印象すらある感じ。

そこに煮干のパンチ力が絶妙にフューチャリングしてるっていうね。

いや、これはこれで煮干好きとしては、このスープも嫌いじゃないです。

そして、丼の中で唯一無二の存在感を放っているのが、それなりの厚さでカットされた2枚の豚バラ肉。

しっかりとした歯応えで、噛めば噛むほど口の中にブタさんの旨味が拡がっていくっていうね。

いや、これはこれで豚肉好きとしては嫌いじゃないです。

ちなみに肉増し(1,200円)バージョンにすると4枚増量で計6枚になるんだとか、ていうか、そんなに食べれないです…。

ちなみに、食後のアンケートを提出すると次回利用できる大盛りor味玉無料券がもらえるシステムが導入されてまして、この黄身がトロトロな味玉も前回利用時の無料券でゲットしました♪

まぁ、それはそれとして。

いわゆる二郎系よりも食べやすい印象だと思いましたし、普通に美味しいと思いましたし、気になる人は試してみてはいかがでしょう?

いずれにしても今月限定なので食べたい人は普通に急いだ方がいいとは思いますよ。

店舗情報

店名 つけめんTETSU 三鷹店
住所 東京都三鷹市下連雀3-46-1 アトレヴィ三鷹南口1F(改札外)
電話番号 0422-70-0026
ホームページ http://www.tetsu102.com/
営業時間 11:00~23:00
定休日 不定休(アトレヴィ三鷹に準ずる)
タバコ 禁煙

「いいね!」を押して
最新記事をチェック!!

Twitter で

三鷹・武蔵野周辺情報(RSS)































RSS配信元三鷹市 / 武蔵野市 / みたか都市観光協会 / 三鷹中央防災公園・元気創造プラザ / 三鷹市市民協働センター / 公益財団法人 三鷹市スポーツと文化財団 / 株式会社 まちづくり三鷹 / 花と緑のまち三鷹創造協会 / 三鷹阿波踊り振興会 / まちなか農家 / ミタカフェ / ファブスペースみたか / 三鷹フィルムコミッション / 家庭教育支援チームかきしぶ / F.C.TOKYO / withbaby (順不同)