三鷹駅南口から徒歩3分くらいの本町通り沿いで昼のみ営業している「文蔵」という名の、個人的には三鷹のみならず都内でもトップクラスで美味しいんじゃないかなと思ってる魚介豚骨系のラーメン屋さん。

ラーメンだけじゃなくて、つけ麺もしっかり出汁と醤油のバランスが絶妙でハイクオリティーなんですけど、注文する頻度としては今回紹介する「油そば」の方がラーメンの次に圧倒的な高頻度を誇ってます。

だって美味しいから!

あ、あくまでも個人的な統計と感想ですけどね。

まぁ、それはそれとして。

軽くビールで喉を潤しながら出来上がるのを待つわけなんですけど、ヱビスの小瓶(400円)を用意しているところにも意識の高さを感じたりしながら、10分程度で到着したのが↓これ!!

油そば650円、これは中盛なのでプラス50円。

ちなみに、「油そば」は中盛までで大盛には対応してません。

けど、中盛でも普通に満腹になれるボリューム感だと思います。

あと、注文時にネギ多めとお願いするとサービスしてくれますよ。

ここの油そばは麺とタレがしっかり混ざった状態で提供されるので、酢とか辣油とか投入して混ぜ混ぜしたい気持ちをグッとこらえて、まずはそのままいただきます。

だって、そのままで超美味しいから。

ていうか、よくラーメンとかでも思考停止状態でいきなりコショウとか振りかけたりする人っていますけど、あれはちょっとな…とか思うんですよね…。

まずはそのまま食べろよと、その道のプロが思い描く完璧な状態で提供してるはずなのに素人が勝手に味付け変えるなよと、とりあえずそのままの味を食べてから素人なりに相乗効果を発揮できそうな気がするなら、その時にはじめて軽く振りかけろよと。

まぁ、それはそれとして。

チャーシューは相変わらずしっとり柔らかく仕上がってますので、箸で軽くほぐして麺と一緒にいただきます。

で、半分くらい食べたタイミングで酢を投入。

知ってる人は知ってると思うんですけど、油そばと酢って相性ハンパないんですよ。

酢のトゲトゲしさが際立つようなことは決してなくて、むしろ油そばのコッテリ感をマイルドな方向に連れてってくれる気がします。

そして、続いて投入するのはラー油。

これはもう、そのまま辛味の追加なんですけどね、デフォルトの状態でも軽い辛味は入ってるんですけど、もうちょっと欲しいなという時とか、だけど、辛味は追加したいんだけどこれ以上の油分はちょっとな…って時は一味や胡椒にしたりとか。

で、最後にもう一回混ぜ混ぜしてラストスパートからの、一気に啜りつつ、ビールで油を洗い流したりしつつ、うん、これ大好きなやーつ!!

あ、あくまで個人的な好みの話ですけどね。

気になる人はぜひ♪

店舗情報

店名 らーめん 文蔵
住所 〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-22-6
Twiter @bunzou_mitaka
営業時間 11:00~売り切れ次第終了(目安としては14時半くらい)
定休日 日曜・水曜
タバコ 全席禁煙

「いいね!」を押して
最新記事をチェック!!

Twitter で

三鷹・武蔵野周辺情報(RSS)































RSS配信元三鷹市 / 武蔵野市 / みたか都市観光協会 / 三鷹中央防災公園・元気創造プラザ / 三鷹市市民協働センター / 公益財団法人 三鷹市スポーツと文化財団 / 株式会社 まちづくり三鷹 / 花と緑のまち三鷹創造協会 / 三鷹阿波踊り振興会 / まちなか農家 / ミタカフェ / ファブスペースみたか / 三鷹フィルムコミッション / 家庭教育支援チームかきしぶ / F.C.TOKYO / withbaby (順不同)