三鷹市大沢にある「国立天文台」で、2017年10月13日(金)と14日(土)の2日間に渡って「三鷹・星と宇宙の日2017」というイベントが開催されるみたいですよ。

コンセプト的には↓こんな感じみたい。

「三鷹・星と宇宙の日」は、自然科学研究機構 国立天文台、自然科学研究機構 アストロバイオロジーセンター、東京大学天文学教育研究センター、総合研究大学院大学天文科学専攻の特別公開イベントです。今年の開催日は、10月13日(金曜日)と14日(土曜日)です。13日はプレ公開として限定的な規模で、14日は本公開としてキャンパス全域で開催します。三鷹キャンパスの豊かな自然の中で、楽しいひとときをお過ごしください。

via: 三鷹・星と宇宙の日2017 | 国立天文台(NAOJ)

毎年開催されてるイベントらしいんですけど、とりあえず今年のテーマは「冷たい宇宙・熱い宇宙」だそうです。

講演会ライブ配信

今回のイベントでは4つの講演会が予定されているようなんですけど、当日現地に行けない人でもYouTubeのライブ配信で視聴することができますので興味のある人はチェックしてみてください。

「熱い宇宙の代表格:ブラックホールを探せ」

山口 正輝(東京大学 天文学教育研究センター 特任研究員)
10月13日(金曜日)午後4時15分〜

「チリ・アタカマから観る『暖かな』宇宙」

宮田 隆志(東京大学 天文学教育研究センター 教授)
10月14日(土曜日)午前11時30分〜

「アルマ望遠鏡が見つめる冷たい宇宙」

長谷川 哲夫(国立天文台 上席教授)
10月14日(土曜日)午後1時15分〜

「宇宙から観る熱い太陽コロナの姿」

鹿野 良平(SOLAR-C準備室 准教授)
10月14日(土曜日)午後2時30分〜

店舗情報

開催日時 2017年10月13日(金曜日)午後2時から午後7時[プレ公開]
2017年10月14日(土曜日)午前10時から午後7時[本公開]
会場 国立天文台三鷹(〒181-0015 東京都三鷹市大沢2-21-1)
東京大学天文学教育研究センター(国立天文台三鷹に隣接)
三鷹市星と森と絵本の家(国立天文台三鷹に隣接)

テーマ 冷たい宇宙・熱い宇宙
おもな内容 施設公開、講演会、最新の研究成果の紹介、天体観望会、工作、実験、スタンプラリーなど
ホームページ https://www.nao.ac.jp/open-day/2017/
注意事項

  • 入口は、両日とも国立天文台正門一カ所のみ。三鷹市星と森と絵本の家に行く場合も正門から入場。
  • 当日は自転車とバイクの駐輪場あり。自動車での来訪は不可(両日とも国立天文台の来場者用有料駐車場は利用できません)。
  • 整理券は原則として1人1枚のお渡しです。代表者がまとめて受け取ることは不可。
  • ペットを連れての来訪は不可。ただし補助犬(盲導犬、介護犬等)は可能。
  • お体の不自由な方で自動車での来訪を希望する場合は事前に問い合わせれば別途対応あり。

画像引用:Hubble Space Telescope Images | NASA

「いいね!」を押して
最新記事をチェック!!

Twitter で

三鷹・武蔵野周辺情報(RSS)































RSS配信元三鷹市 / 武蔵野市 / みたか都市観光協会 / 三鷹中央防災公園・元気創造プラザ / 三鷹市市民協働センター / 公益財団法人 三鷹市スポーツと文化財団 / 株式会社 まちづくり三鷹 / 花と緑のまち三鷹創造協会 / 三鷹阿波踊り振興会 / まちなか農家 / ミタカフェ / ファブスペースみたか / 三鷹フィルムコミッション / 家庭教育支援チームかきしぶ / F.C.TOKYO / withbaby (順不同)