二人暮らしをしていると、つい野菜を腐らせてしまうので、買う野菜の種類を限定したり(トマトやキュウリなど一度に食べきりやすいものしか買わない)、そもそもの摂取量を減らしたりしがちです。

でも、野菜不足は確実に体にダメージがくるし、単純に野菜の味が恋しくなるときも。

そのようなときに訪れるのが、三鷹駅南口から徒歩7分ほどの距離にある「小古道具店 四歩(こふるどうぐてん しっぽ)」です。

四歩は、三鷹を中心にカフェやインテリアショップを展開しているデイリーズグループの一員。

机や椅子はデザインがばらばらですが、全体的にバランスが取れていて違和感がありません。

さすが、インテリアショップを運営している会社のカフェ!中には値札がついている家具もあるので、気に入ったのはお買い上げも可能のようです。

私の一番のお気に入りは、壁に取り付けられている大小の棚。ディスプレイのセンスも見習いたい!

メニューは定食がメイン。目玉は「日替わりごはんセット」(1,080円)で、この日は卵とじ水餃子でした。

寒い日だったので体が温まるー。

餃子はもうちょっと餡が詰まっていたら更に嬉しかったかも。でも、しめじや白菜、ネギなど野菜がたっぷり入っていて、これだけで栄養がばっちり摂れた気がしました。

セットには、ご飯とお味噌汁、いろんな小鉢が付きます。

ご飯は十五穀米、白米、玄米から選べますが、私はいつも迷わず十五穀米をセレクトしています。だって、雑穀のぷちぷち感が最高なんですもん。

食べやすいように、ごま塩がかかっています。

相方のと合わせて二人分の小鉢。

一つとしてかぶっていないので、二人でいろいろシェアして食べられるのが嬉しい。

ひじきとか、根菜とか、普段あまり口にする機会がないものがふんだんに使われているのも、ここに通っている大きな理由の一つです。

「この野菜、最近食べていないなぁ」なんて偏食に気づくきっかけになるし、「今度、この食材を使って何か作ってみよう!」という気にもなる。

日によって味の濃さが微妙に違ったりもするのですが(調理する人によるのかな?)、基本的には薄味、体に優しい感じがします。

こちらは、相方がオーダーした「ポークハヤシライス(1,080円)」。

トマト味が強くて、私の好きな味です。お肉がたくさん入っているのも素晴らしい♪

初めて食べたときは枝豆がトッピングされていることに少し驚きましたが、味も食感も意外に合うんですね。

家でハヤシライスを作るときにも加えてみたくなります。

他にも、「その時々のカレー(1,080円)」(ちなみに今は「豆と牛挽肉のカレー」です)や「日替わりサンドイッチ(1,080円)」のほか、おにぎり二つと小鉢、お味噌汁がつく「おにぎりセット(700円)」もあり、これは軽く食べたいときによく注文します。

デザートを待つ間に店内を写真撮影、りんご箱を重ねた棚がそこかしこにあります。

このりんご箱、冬季には買うこともできて、お値段は1箱900円とお安い。

前から気になってはいますが、私のインテリアのセンスだと使いこなせそうになくて、まだお店で眺めるだけにとどまっています。

入り口付近では、りんご箱を重ねた棚で雑貨を販売しています。

食品や食器、衣類、文房具、その他さまざまな商品が置いてあり、特別な人に小さな贈り物をしたい、という時にぴったり。

商品もころころ変わるので、たまにのぞくと新たな発見や出会いがあって楽しいです。

本日オーダーしたデザートはこちら、冬季限定の「さつまいものバターケーキ(520円)」。

ほんのり温めてくれるので、さつまいもとバターの香りが漂ってきて、なんとも幸せな気持ちになります。

ケーキもしっとりしていて、食べごたえがあります。

飲み物も、コーヒーや紅茶に加えて、チャイや黒糖ミルク、ポンカンジュース、ジンジャーエールなどいろいろそろっているので、たまには平日の昼下がりにのんびりお茶をしにくるのもいいかも。

Wi-Fiと電源プラグが使えるので、その気になれば仕事もできますし、ブログも書けますし。来月フリーランスになったら、もっと足しげく通うことになると思います。

三鷹にいつまでもあってほしいカフェ、四歩のご紹介でした。

店舗情報

店名 小古道具店 四歩(こふるどうぐてん しっぽ)・sippo cafe(シッポカフェ)
住所 〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-32-15 CCC学生会館ビル1F【吉祥寺へ移転済み…】
電話番号 0422-26-7414
ホームページ https://www.sippo-4.com/
営業時間 12:00~21:30 (カフェラストオーダー 21:00)
定休日 木曜日
タバコ 全席禁煙
この記事は「“Life in 東京” 日英バイリンガルブログ」からの転載です。

「いいね!」を押して
最新記事をチェック!!

Twitter で

この記事を書いた人

aya satoh

aya satoh

日英バイリンガルの翻訳者、ライター、編集者。アメリカに11年間在住。英語学習紙「毎日ウィークリー」の元編集者・記者。写真、旅、食べ歩き、演劇(特に宝塚歌劇)が好きです。Tokyo-based Japanese-English bilingual writer/translator/editor. UCLA grad.

三鷹・武蔵野周辺情報(RSS)































RSS配信元三鷹市 / 武蔵野市 / みたか都市観光協会 / 三鷹中央防災公園・元気創造プラザ / 三鷹市市民協働センター / 公益財団法人 三鷹市スポーツと文化財団 / 株式会社 まちづくり三鷹 / 花と緑のまち三鷹創造協会 / 三鷹阿波踊り振興会 / まちなか農家 / ミタカフェ / ファブスペースみたか / 三鷹フィルムコミッション / 家庭教育支援チームかきしぶ / F.C.TOKYO / withbaby (順不同)