ミタカマグ

交通安全は誰のため?圧倒的当事者意識は暮らしの中でも必要だということを学ぶイベント【2017三鷹交通安全フェスタ】

桜満開の時期も過ぎ、4月も残りわずかになってしまいました。
この先は気温も上がり、一年で最も多くの種類の花が咲く時期になります。
普段切り花を花瓶に生けている方も、緑化センターで花の苗を買って自分で育ててみませんか?

とはいえ、まだ日が暮れると肌寒さを感じます。
ほんの三週間前は、ダウンが必要なほど寒かったのを覚えていますか?
今回はそんなある日のできごとをお伝えします。

新年度初日の4/1(日)、駅方面へ向かったところ三鷹駅南口周辺に人だかりが見えたので、ちょっと覗いてみました。

見慣れない警察車両を反対側から見ると・・・

後部の電光掲示板に「春の全国交通安全運動」のお知らせが。

開催されていたのは「2017 三鷹交通安全フェスタ」というイベントでした。

交通事故を減らすためには、市民一人ひとりが交通安全に対する意識を高め、交通ルールを守ることの大切さを再認識することが必要です。
このフェスタは「春の全国交通安全運動」に先駆け、市民への呼びかけを目的におこなわれたようです。

壇上ではどなたかが任命されている模様。これはおそらくTVでよく見かける「一日警察署長」というものですね。
任命されたのはTBSアナウンサーの皆川玲奈さん、このあとのパレードにも終始笑顔で参加していました。

小雨で寒いにもかかわらず、会場となった緑の小広場はご覧の通り、人、人、人。

式典のあとのアトラクションでは、杏林大学ダンス部による演技、スケアード・ストレイト(交通事故再現)、ロッカジャポニカ(アイドルグループ)のミニライブがあり、会場はさらに盛り上がりを増しました。

 
警視庁のピーポくんもノリノリ♪

ダンス部からモテモテのピーポくんでした。

スタントマンによる交通事故再現では、前後に子どもを乗せた電動自転車を用意し、リアルに再現。

 

実際に起こりやすい状況を何パターンが再現。スタントだとわかっていてもハッとする場面でした。

この日はカメラを持った方や関係者などで埋めつくされていましたが、事故に巻き込まれやすい子どもやご年配の方、子どもを乗せて自転車を使うお母さんたちに、もっともっと間近で見てもらいたいです。
注意一秒怪我一生、何気ない日常の中にこそ、気が緩むキケンな瞬間が潜んでいますから。

このイベントには三鷹警察署や三鷹市、三鷹交通安全協会はじめ、様々な方がイベントに携わっていました。

地域交通安全活動推進委員の皆様。色とりどりのステッカーは、こうしたイベントに参加した際にもらえることもあるそうです。
女性部の皆様は、式典会場やパレードの準備などで大忙し。
各地区の交通安全対策地区委員会(交通対)や企業の皆様。

 
交通対の皆様には学校行事でも大変お世話になっており、各学校の在校生・卒業生の保護者も活動に協力しています。

交通安全運動の期間中、毎日通学路に立ち旗振りをしてくださっているのも交通対の皆様です。

交通指導員の皆様は、混雑する会場を常に交通整理してくださいました。

 
緑の小広場でのアトラクションが終わると、中央通りでは阿波おどりがスタート。

みたか連を中心に、商工連・銀座連・富道連の皆様が、肌寒さを熱気で吹き飛ばしてくれました。

 
三鷹産業プラザ前の交差点→スクランブル交差点→三鷹産業プラザ前の交差点を一往復したところで「パレードが始まるから駅前に集合〜!」の声が。大慌てで戻ります。

女踊りと鳴り物の皆様が走る貴重なシーン。

駅前では警視庁音楽隊の皆様が手際よくスタンバイ。

パトカーを至近距離で見ることができ、興奮するお子さん。

なんとか天気がもちこたえ、無事に交通安全パレードがスタートしました。

カラーガード隊・音楽隊に続いて各関係者やアトラクションに参加した皆様も加わり、パレードらしさが増してくると、交通安全フェスタの開催を知らなかった人たちも集まってきました。

演奏中に両手が塞がっていても、譜面が付けられるんですね。

気づけば歩道は多くの人で溢れていました。

連携を取りながら、大混雑するパレードの安全確保に努める警視庁の皆様。

彼らのおかげで事故もなく終了しました。

各隊を乗せたバスの名は「宝くじ号」。

大型バスは当然ですが左折の際に大きく膨らみます。
交差点で待つ歩行者や自転車、また対向車や後続車も、そういう意識を持ってお互い注意することが大事です。

パレードの後もまだまだ続きます。
再び阿波おどりを楽しめました。背中の鷹の凛々しさがたまらないです。

ハーレークラブの存在感ある走行には、子どもだけでなく大人も大興奮。

パレードの波が静まった後、阿波おどりのメンバーで記念撮影。
このイベントを正式に取材する方々のお姿もどうぞ。

彼らのこうした発信は周知に繋がります。

恥ずかしながら、私は近隣に住んでいるにもかかわらず、最初から最後までしっかりと見たのは初めてです。
このイベントが、交通安全について改めて考え、家庭や仲間で話し合うきっかけになり、事故が一つでも減ることを願います。
注意一秒怪我一生、後悔先に立たずです。
大切な家族がいるならなおさら。一人ひとりが意識を少し変えるだけで随分違うと思います。三鷹市(どこでもそうですが)を安全に暮らせる街にしましょう。

春の全国交通安全運動は4月15日まででしたが、各々が心の中で継続しましょうね。

撮影に協力・許可してくださった皆様ありがとうございました。
主催者の皆様、参加された皆様、寒い中お疲れ様でした。

この記事は「ややぶろ」からの転載です。

「いいね!」を押して
最新記事をチェック!!

Twitter で

この記事を書いた人もしくは団体

NPO法人 子育てコンビニ 会員ミタキュレ子
グラフィックデザイナー、スポーツインストラクター、登録販売者 / 三鷹商工会員、三鷹市観光企画委員 / 趣味はスポーツとアウトドア。イベント出没率高め。/ 子育てコンビニ(http://www.kosodate.or.jp/)紙媒体制作担当

 

ちょっとオススメなコンテンツ

 

公式オリジナルグッズ


※商品画像およびボタンをクリックすると「UTme!マーケット」の商品ページが開きサイズやカラーのほかアイテムタイプの変更も可能です。グッズは順次追加していますので商品一覧ページもご覧ください。

 

三鷹市・武蔵野市周辺のお知らせ(RSS)































RSS配信元:三鷹市 / 武蔵野市 / みたか都市観光協会 / 三鷹中央防災公園・元気創造プラザ / 三鷹市市民協働センター / 公益財団法人 三鷹市スポーツと文化財団 / 株式会社 まちづくり三鷹 / 花と緑のまち三鷹創造協会 / 三鷹阿波踊り振興会 / まちなか農家 / ミタカフェ / ファブスペースみたか / 三鷹フィルムコミッション / 家庭教育支援チームかきしぶ / F.C.TOKYO / withbaby (順不同)

 

グルメ

  • slide image
  • slide image
  • slide image
閉店移転ラッシュと言っても過言ではないここ最近の三鷹。 そんな中、2018年1月19日(金)にコインランドリー...
  • slide image
  • slide image
  • slide image
今から遡ること約11年前。 2006年11月、現在の調布駅前に店を構えて早10余年。 東京で煮干しラーメンとい...
  • slide image
  • slide image
  • slide image
調布駅のスグ近くにある、”郎”という字を3つ並べて無理矢理「サブロウ」と読ませるラーメ...
  • slide image
  • slide image
  • slide image
蕎麦ってあるじゃないですか。 ほら、一般的に多いのがグレーで細目の麺類。 いや、知ってると思うけど。
グルメ 記事一覧

 

イベント

イベント 記事一覧

 

阿波踊り

阿波踊り 記事一覧

 

都市農業

  • slide image
  • slide image
まちなか農家プロジェクトのメンバーでもある岩本が、所属しているバンド「Drunk Bat」にて、都市農業を応援...
都市農業 記事一覧

 

インタビュー

[unitegallery mitaka]
インタビュー 記事一覧