ミタカマグ

【三鷹市町会等地域自治組織活性化事業】がんばる地域応援プロジェクト【発表会(2017.2.4開催)】

がんばる地域応援プロジェクト」の助成を受けた町会・自治会等の11団体が、地域の課題解決や活力を生み出す事業についての取り組みの発表を行いました。

地域で関心が高まっている防災に関する事業やサロン事業をはじめとして、「まちを元気にしたい」「若い方にもっと参加してほしい」「近隣関係のなじみが薄い」など地域の様々な悩みに対して解決のヒントになる事例が多くみられました。

団体の発表
選考委員のコメント
交流会

また町会・自治会、市民団体の連携事業も増えてきており、このような取り組みが誰もが暮らしやすいまちづくりにつながると期待できる発表会でした。

発表会の後に開催されました交流会にも多くの方にご参加いただき、選考委員の先生を囲んで、活発な情報交換の場になりました。

  • 選考委員長:法政大学法政大学教授 名和田 是彦 先生
  • 選考副委員長:杏林大学准教授 古本 泰之 先生
  • 選考委員:大野生活環境部長 、田口生活環境部調整担当部長

がんばる地域応援プロジェクト(三鷹市町会等地域自治組織活性化事業)とは
三鷹市では、「コミュニティ創生」のまちづくりを推進するために、地域の活性化や地域の新たな「共助」の仕組みづくりに取り組んでいます。その一環として、町会・自治会などの地域自治組織が実施する、地域の課題解決に向けた取り組みなどに対して助成金を交付する制度です。

助成金の交付を受けた11団体の取り組みの紹介

下連雀六丁目防災の会 「ご近所協力の和をひろげる」季節のイベント
■平成27年設立 ■加入世帯:24

防災広場や南浦児童公園を活用した季節のイベントを1年を通じて開催し、住民同士と顔見知りになることで、いざという時のネットワークを育成した。7月は七夕飾りと消火訓練、1月は新春救急救命訓練、3月はひな祭りの飾りつけ等を実施し、住民の参加促進を図った。
下連雀八丁目防災の会 防災イベント「地域の絆を深める会」
■平成27年設立 ■加入世帯:39

年間を通じて地域の商店や企業、マンション自治会等、様々な立場の人たちに呼びかけし、避難訓練を実施した。マンション住民とその周辺地域の住民が協力することで、今まで地域でつながりのない住民同士の絆が深まった。避難訓練後はゲーム的要素を取り入れた防災イベントを実施し、楽しみながら地域協力を確認し、交流が日常的に盛んになるきっかけの場となった。
三鷹台団地自治会 「みんなでつくろう!つながりの場」
■昭和37年設立 ■加入世帯:416

役員の高齢化に伴い、若い担い手を発掘することを目的に、ハロウィ ンパーティーを開催。委託に頼らず実験的にボランティアを募り、ミニマムな予算での交流イベント開催を実現させ高齢者の参加促進のため昔遊び等を取り入れ、多世代交流の場を構築する。
井の頭一丁目町会 「防災お茶会&防災イベント」
■昭和49年設立 ■加入世帯:893

防災お茶会、防災イベントを通して防災意識の向上を図った。町会の班単位で防災お茶会を開催することで、ご近所同士のつながりが深まり、町会活動の新たな担い手発掘につなげるととも災害時にお互い助け合えるような関係の構築を図った。班単位のお茶会からご近所が誘い合わせて参加できるような防災イベントを開催した。
向原あゆみ会 「小噺高座と地域交流の会」
■昭和23年設立 ■加入世帯:112

住民同士の関係構築、防犯の強化と災害時の協力体制構築を目的として交流会及び小噺高座を開催した。自治会員同士が交流会を通して親しくなり、日常の挨拶や会話を交わるようになることで、自治会の活性化や連帯感を高め、地域の防犯や災害時の協力体制につなげるとともに、老若男女が集うことで自治会の和を保つことができた。
東野会 「東野家族親睦バーベキュー大会」
■昭和35年設立 ■加入世帯:324

災害時在宅生活支援施設における避難所の設営、運営を実践することで、より実践的な活用方法を考えることができた。子ども達も参加しやすいよう体験コーナー等を実施することで幅広い世代の参加を促し、平常時でも協力し合える体制づくりを構築した。
上連雀一丁目アパート親和会 「憩いカフェを拠点とした住民の絆づくり」
■昭和32年設立 ■加入世帯:81

今年度は「顔の見える関係づくり」から「手をとり、つながり合える関係づくり」へ発展させ、集会所を憩いカフェとして開放して多世代交流のきっかけ(講座やイベント等)をつくった。カフェを通じて住民相互の交流や独居宅の見守りや居住区の活性化、さらに備蓄確認意識の強化、美化活動による犯罪防止・抑制を図った。また、自治会活動の新たな担い手発掘も期待できた。
山中親交会 「地区防災マップ案内板と防災イベント」
■昭和24年設立 ■加入世帯:153

地域の防災力を向上するために、地区防災マップを作成して防災への知識や関心を高めるとともに、消火器スタンプラリーを防災訓練と合わせて実施することで楽しみながら学んだ。また、防災訓練への積極的な参加を図るため、案内チラシの作成を町会が一丸となって取り組むことで、町会内のコミュニケーションと結束力の強化及び活性化へとつながった。
協同組合三鷹中央通り商店会 「阿波踊りでひと・まちを元気に」M-マルシェでみたか連と遊ぼう
■平成3年設立 ■加入世帯:102

商店会主催のM-マルシェの中で阿波踊りをフォトジェニックなパネルを使った記念写真撮影会、即席阿波踊り教室、クイズラリー、模擬店などのイベントをみたか連の協力の下実施し、商店会の賑わい創造、集客向上につなげていった。楽しみながら地域の方や、留学生を筆頭に近隣大学との関わりをより親密にしていくことにもつなげられた。
京王つつじヶ丘自治会 「ふれあいサロン Near 近くで見守るまちづくり」
■昭和37年設立 ■加入世帯:249

地区公会堂を拠点とした「ふれあいサロン」を実施し、参加者への案内に合わせて、声掛けを積極的に行う見守り活動をした。高齢者のみならず若い世代の参加を促すようなイベント内容にすることで、多世代交流の場となった。
下連雀若葉会(町会交流イベント) エイジレスで健康に暮らすための食を考える健康増進ワークショップ
■昭和32年設立 ■加入世帯:470

「食事をおいしく、『安全』に食べることで健康に貢献すること」をコンセプトとして、栄養や嚥下食の講演会や嚥下食を試食できるイベントを開催し、生活の質の向上に貢献した。また、子ども科学実験ショーも同時開催することで、幅広い町会員が参加し、交流できるイベントとなった。

助成金が交付された11団体の取り組みについては、「がんばる地域応援プロジェクト実例集」を後日発行し、三鷹市市民協働センターでも配布いたします。昨年度の冊子は現在センターでも配布しています。

この記事は「ニュースレター平成29年3月号(第150号)発行号」からの転載です。

関連記事

「いいね!」を押して
最新記事をチェック!!

Twitter で

この記事を書いたライター

三鷹市市民協働センター
三鷹市市民協働センターは、市民協働(地域協働)のまちづくりを目指して三鷹地域で活動する市民公益活動団体・ボランティア・自治会・NPO等のための施設です。市民と行政の協働の拠点・市民公益活動を支援する施設・市民や団体の交流の場としてご利用いただけます。

Facebookでコメントとかどうですか?

 

 

公式オリジナルグッズ


※商品画像およびボタンをクリックすると「UTme!マーケット」の商品ページが開きサイズやカラーのほかアイテムタイプの変更も可能です。グッズは順次追加していますので商品一覧ページもご覧ください。

 

三鷹市周辺のお知らせ(RSS)































RSS配信元:三鷹市 / みたか都市観光協会 / 三鷹中央防災公園・元気創造プラザ / 三鷹市市民協働センター / 公益財団法人 三鷹市スポーツと文化財団 / 株式会社 まちづくり三鷹 / 花と緑のまち三鷹創造協会 / 三鷹阿波踊り振興会 / まちなか農家 / ミタカフェ / ファブスペースみたか / 三鷹フィルムコミッション / 家庭教育支援チームかきしぶ / F.C.TOKYO / withbaby (順不同)

 

グルメ

  • slide image
  • slide image
  • slide image
たとえば、三鷹駅を起点にして突然どうにもならない二郎系の禁断症状に襲われた場合。 もし、その場所が南口寄りだと...
  • slide image
  • slide image
  • slide image
先日(11/17)からスタートした「三鷹野菜ご馳走様フェスタ」、三鷹市内12の飲食店が三鷹野菜とコラボした美味...
  • slide image
  • slide image
  • slide image
かつて、吉祥寺第一ホテルの裏辺りに存在した「音麺酒家 楽々」というラーメンの名店。 その筋では結構な人気店だっ...
グルメ 記事一覧

 

イベント

【三鷹連雀映画祭】三鷹に新しい映画祭が! ミニシアター系の映画を22作品上映でゲストも豪華!!【2017/11/23から26まで開催】
いつのまにか全国各地で開催されてる感のある映画祭。 国際的な大規模なものから、地域に特化した小規模なものまで。...
イベント 記事一覧

 

井の頭恩賜公園

井の頭恩賜公園 記事一覧

 

インタビュー

インタビュー 記事一覧