地元の農家さんが育てた野菜をメニューに使っていると聞いて、それを目当てに立ち寄った定食屋「定食あさひ」さん。

ガンコおやじが静かに開いている昔ながらの定食屋だと、勝手に思い込んでいました。

が、そこには穏やかなご主人と、笑顔が素敵な奥様の姿がありました。
そしてよく見ると奥様の背中には小さなお子さんが!

入って数秒でアットホームさを感じました。

常連のお客さんもお子さんの成長を見守ってきたのでしょう。微笑ましい会話が交わされていました。

定食もほっこりするものばかり。
蒸し鶏にしょうが焼きに焼き魚・・・その中からテッパンのからあげ定食を選びました。
付け合わせのお野菜たちも新鮮でおいしい!彩りもきれい!

単品メニューもあり、揚げ里芋や塩蒸しかぼちゃ、プロッコリーと葉にんにくのみそマヨなどなど、気になるものばかり!
私が訪れたのは2月ですが、いつ来ても季節のおいしい献立が待ってます♪

壁にはこれまたほっこりするポスターが。

おもに多摩地区で活躍するイラストレーターもんでんゆうこさんの作品です。
三鷹駅南口界隈を、ペンと絵の具を使い独特なタッチで紹介しています。
今はなきお店もあって、思わず見入ってしまいました。

おいしいゴハンとほっこりな雰囲気に癒されながら店内を見渡すと、ん?? 何やら階段が・・・

奥様が「どうぞお上がりください^^」と促してくださったので、遠慮なく2階へ。

わ〜〜〜祖父母の家の階段がまさにこんな感じ!

雑貨好きにはたまらないセット。

2階は座卓が4つあります。もう自宅ですね。

反対側から見た部屋の様子。

この空間はやばいですね・・・
ママ友で集まったり仲間と宴会したくなったりするのも納得です。

絵本やオモチャもあり、子連れには助かります。

暮らしの手帖、フロムヘル、沙漠の魔王、カムイ伝、サスケ、風の谷のナウシカなど大人向けのラインアップもあります。
畳に寝転んで読んでしまいそうですね。

そうこうしているうちに、お子さんが奥様の背中から下り、店内を駆け回り始めました。
とてもかわいらしく、お客さんからも大人気です。まるで看板ムスコですね♪
おいしいお食事はもちろん、看板ムスコ君の成長を見るのが楽しみで通うファンも多いのではないでしょうか。
私もすっかりファンになりました。

子育てしながらの営業であるのと、人気メニューは売れ切れる場合があること、また2階は予約が入っていることも多いので、定休日や空席などの情報はFacebookやTwitterを参考にしてください。

お店は三鷹駅南口のさくら通りとむらさき橋通りが合流する付近にあります。

ご主人の丁寧な手仕事をカウンターごしにボ〜ッと眺め、奥様とお客さんの家族のような会話をBGMのように聞きながら、このまま夜までくつろぎたいと思う時間を過ごしました。

店舗情報

店名 定食あさひ
住所 〒181-0013 東京都三鷹市下連雀2-23-15
電話番号 0422-24-8071
営業時間 12:00〜14:30、18:00〜22:30
定休日 火曜日・水曜日
タバコ 全席禁煙
この記事は「ややぶろ」からの転載です。

「いいね!」を押して
最新記事をチェック!!

Twitter で

三鷹・武蔵野周辺情報(RSS)































RSS配信元三鷹市 / 武蔵野市 / みたか都市観光協会 / 三鷹中央防災公園・元気創造プラザ / 三鷹市市民協働センター / 公益財団法人 三鷹市スポーツと文化財団 / 株式会社 まちづくり三鷹 / 花と緑のまち三鷹創造協会 / 三鷹阿波踊り振興会 / まちなか農家 / ミタカフェ / ファブスペースみたか / 三鷹フィルムコミッション / 家庭教育支援チームかきしぶ / F.C.TOKYO / withbaby (順不同)